保育士の求人をチェック|雇用形態に注目しよう

男の人と女の人

子供好きに最適の仕事

園児と保育士

保育の仕事は多様化が進む

いわゆる待機児童問題がたびたびマスコミなどで話題になっていることからも分かる通り、保育士に対する需要は非常に高いものがあります。また、最近では通常の保育園以外の施設からも求人が増加しています。保育士の求人には、直接雇用と派遣就労の2種類があります。また、直接雇用はさらに正社員とパート・アルバイトの2種類に分かれます。給与は正社員が月給制、その他は時給制というのが一般的です。このうち身分の安定度が最も高いのは、言うまでもなく正社員です。ただし保育園は年度の途中で人員を入れ替えることがそれほど多くないため、パート・アルバイトや派遣労働でも契約期間は比較的長期にわたるのが特徴となっています。また、パート・アルバイトや派遣労働の場合はさまざまな働き方が可能なため、家事等との両立が図りやすいというメリットがあります。保育士以外の求人で最近増加しているのが、施設内保育と呼ばれる業態です。これは工場・オフィス・病院などの施設の中に保育スペースを設け、そこに働く人たちの子供を預かるというものです。こうした施設はいわゆる認可外であることが多く、施設の広さや人員配置などが必ずしも十分ではないことがあるという課題があります。また、求人が保育士の有資格者に限定されていないケースもあります。その一方で、就業時間が本体企業等に準ずるため残業が少ない、福利厚生が充実しているといった点が評価されており、人気の高い職場となっています。

男の人

必要な能力やスキルとは

工事の施工計画や工程管理、品質管理や書類の作成だけが現場監督の仕事ではありません。従業員とのコミュニケーションを大切にする現場監督が求められています。また、工事の際に隣人の住人への対応も現場監督の仕事です。今までの経験やスキルを活かせる求人を見つけて下さい。

ウーマン

グローバル化社会の仕事

貿易事務の仕事は今後長期的に働ける仕事として高い人気を誇っていますが、まず最初はアシスタントとして仕事を始める事も出来ます。より希望に合った求人から応募をし、徐々にキャリアを積んで行くと良いでしょう。

作業員

現場を管理する仕事

現場で作業工程をチェックして、安全性や資材費などを監理するのが、施工管理の仕事です。施工管理は、一つの会社で社員として働くこともできますが、派遣に登録して様々な会社に出向することもできます。リーダー役からデスクワークまで業務内容は幅広いので、様々な能力が求められます。