保育士の求人をチェック|雇用形態に注目しよう

就職活動

現場を管理する仕事

作業員

様々な能力やスキルが必要

施工管理とは主に建築現場で、作業工程や安全性、品質に資材の原価といったものを管理する仕事です。建築作業には管理がうまくできなければ、工期が無駄に伸びたり、予算がオーバーするなど問題も起こるため、とても重要な仕事となります。現場のまとめ役から書類作成といったデスクワークまで幅広く、多くの能力やスキルを求められる職種となります。現場監督と近しい立場であるのが施工管理の特徴で、基本的には同じ会社の者が出るのですが、中には派遣社員で出向することもあるようです。そのため、派遣会社で登録することで特定の会社に所属せず自由に施工管理の仕事をすることも可能となっています。工期次第ですが、複数の工事現場を渡り歩くことになるので、派遣スタッフとして登録するのは、スキルアップだけでなく多くの経験を積むのに適しています。施工管理が求められる能力は、現場の職人達を纏めるためのコミュニケーション能力、不意の事故などに対応できる臨機応変さとなります。国家資格の施工管理技士は必須とまで言われていませんが、待遇面や求人の採用率を考えると取得しておくのが良いでしょう。主に建築現場で働くというイメージから力仕事が先行してしまいがちですが、主に頭を働かせるのが仕事となります。実務経験が必要という条件はありますが、男性だけでなく女性でもなれる職種です。近年では施工管理技士の資格を取った女性が派遣会社に登録して、様々な場所で活躍することもあるようです。