保育士の求人をチェック|雇用形態に注目しよう

就職活動

必要な能力やスキルとは

男の人

コミュニケーション能力

現場監督の年収は、全国平均で500万円前後のようです。ただ、都会は平均年収も高く、 700万前後となっています。そして、この年収を聞いて 魅力的に感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、現場監督は誰もが簡単になれる仕事ではありません。現場監督になるには、豊富な実務経験や資格が必要です。建築士や建築施工管理技士の資格です。現場監督の求人をご覧になると分かるかもしれませんが、仕事内容が幅広いです。現場での仕事が中心ですが、例えば 工事の施工計画の作成、工程管理や品質管理、技術の管理や従業員への指導などがあります。現場での仕事だけと思うかもしれませんが、書類の作成などのデスクワークも現場監督の仕事です。どのような方を求めているのか、求人情報を確認してみると良さそうです。また、大手の会社からの仕事依頼が多い会社では、現場監督の年収が1000万円を超えることも珍しくありません。都会で働く現場監督の平均年収が700万円ですので、現場監督の仕事で年収アップを目指すなら、都会で求人を探すと良さそうです。コミュニケーション能力の高さを採用条件にしている会社もあります。仕事をスムーズに行うには、従業員とのコミュニケーションや隣人との関わり方が大切になるからです。東京には、実務経験が豊富な現場監督の求人が多く、住宅支援や出張手当てなどの待遇が充実している会社もあります。現場監督求人サイトをご覧になり、希望条件やエリアから、自分にあう求人を見つけて下さい。